飲んだ翌日がだるい 二日酔い 予防

お酒が抜けなくて困っている方へ※効果的に二日酔いを解消するポイント※

 

 

 

「最近、酒に弱くなったなぁ・・・」
「二日酔いがなかなか抜けなくなった」
「たっぷり寝たはずなのに、まったく疲れが抜けない」

 

お酒をのんだ翌朝がつらい時、こんな気持ちになることってありませんか?
若い頃はいくらお酒を飲んでも大丈夫だったのに、中年を過ぎるとこういった悩みを持つ方も増えてくるようです。

 

お酒が抜けなくなる原因と二日酔いを効果的に解消していくためにどうすればいいのかを考えていきましょう。

 

なぜお酒が抜けないのか?

お酒を飲むと、カラダの中で酵素の働きによって、次のようにアルコールの分解が進みます。

 

アルコール > アセトアルデヒド > 酢酸 > 水・炭酸ガス

 

このアルコールが分解されてできる「アセトアルデヒド」という物質の毒性によって引き起こされる症状が二日酔いと言われています。このアセトアルデヒドが体に残っているために、お酒を飲んだ翌日の朝は、頭痛、嘔吐・吐き気、喉の渇き、胸のむかつきなどの症状が現れるのですね。

 

次に、こうしたアルコール代謝が低下する原因について考えてみます。

 

疲れやストレスによる肝機能の衰え

中年以降になると、飲み過ぎたかなと思ったときは、たいがい二日酔いになります。これは、肝臓のアルコール分解能力以上に酒を飲んでしまったか、肝臓の機能が弱っているということです。ほとんどの場合、疲れやストレスが溜まったことなどが原因と考えられます。睡眠不足や生活の乱れなどがあると、肝臓のアルコールを分解する力が低下してお酒が抜けにくくなります。

 

特に中年世代は、家庭、地域、職場いずれにおいてもその中心的な役割を持っており、人間関係等のストレスや疲労をためやすいといえますので、お酒を飲んだ翌日の二日酔いも感じやすくなるといえます。

 

加齢によるアルコール分解酵素の減少

アルコールを分解する酵素は歳と共に少なくなりますので、加齢によって二日酔いになることも増えてきます。一般的に高齢になるほど、若い世代より血中アルコール濃度が上昇しやすくなりますので、お酒に酔いやすくなります。歳をとるほどお酒には弱くなるわけですから、若いときと同じように飲むのではなく、飲酒量を減らすようにしましょう。

 

翌日にお酒が残るまで飲むことは体にとって負担であり、少量の飲酒がもっとも体によいとされますので今後気をつけていきたいところです。

 

二日酔いになってしまった場合の対処法についても考えてみます。

 

二日酔いを効果的に解消する3つのポイント

二日酔いをできるだけ簡単で効果的に解消する方法を3つ挙げてみました。

 

スポーツドリンクを飲む

たくさんお酒を飲んだ日の翌朝は、お酒の利尿作用の働きで体が脱水状態になります。アルコールの分解にも水分が必要なので、たくさんの水分を補給することが重要です。さらに、肝臓はアルコールを分解するときに糖分も必要とします。だから、ただの水やお湯を飲むよりも、糖分やミネラルなどの栄養が入っているスポーツドリンクを飲むことが有効なのです。

 

お酒を飲んだ後、寝る前にスポーツドリンクを飲んでおくと二日酔いの予防にも効果があります。ちなみに二日酔いの時は、お茶やコーヒーなどカフェインが入っている飲み物は利尿作用があるのでできるだけ避けてください。

 

 

迎え酒について
二日酔いの最中に再び酒を飲むいわゆる「迎え酒」は、アルコールが脳を鈍くさせるために気分が悪くなりにくいですが、結局のところアルコールの分解が長びくだけでよくありません。

 

睡眠をしっかりとる

身体を休めてあげることによって、睡眠中にアルコールはどんどん分解されていきます。睡眠中は肝臓が活発に活動をしています。そのため、お酒を飲んだ後はたくさん眠ることで、アルコールの分解を促す効果があります。二日酔いを治すには十分は睡眠時間が不可欠で、二日酔いを治すには時間が必要なのです。

 

二日酔いだと頭痛や吐き気などの不快感で、なかなか眠れない時もあるかと思いますが、そういった場合は横になるようにしましょう。それだけでも二日酔いからの回復が早くなります。

 

飲んだ後だけでなく、お酒を飲む前の睡眠もとても重要です。睡眠が不足した状態での飲酒はアセトアルデビトの分解能力を低下させるといわれています。

 

しじみの味噌汁を食べる

古くから「シジミの味噌汁は二日酔いに効く」といわれる通り、江戸時代から肝臓に良い食材とされています。

 

その理由は、タウリンというタンパク質、ビタミンB12、亜鉛、鉄、カルシウム、グリコーゲン、コハク酸が豊富で肝臓を守る働きがあるといわれているからです。タウリンは二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解を促す作用があるという研究もあります。

 

 

しじみのビタミンB12含量は多く、魚介類の中では群を抜いています。ビタミンB12は造血作用があり、貧血を防ぐ効果がある栄養素です。また、近年の研究では、しじみに含まれるオルニチン、アラニン、グルタミンなどのアミノ酸の効用が報告され注目されてきています。

 

最近、お酒の席が多くなった方や、翌日にお酒が残ってつらい、体が疲れやすいといった場合は、しじみ汁やしじみの味噌汁を1週間ぐらい飲まれてみると良いと思います。

 

 

味噌汁の塩分が気になるという方は・・・

 

お酒好きな方に支持されて人気がある「しじみ習慣」がオススメです。

 

塩分が全く入っていないので血圧の高い方やむくみやすい方にも安心です。1粒でしじみ汁約1杯分の栄養をとることができます。原料となるしじみは天然の湧き水で育てた、上質な台湾・花蓮の「黄金しじみ」というしじみを使っています。

 

しじみを煮詰めて作っていて、栄養が濃いので、

 

「飲んだ翌朝のスッキリ感が違うよ!」

 

と、お酒のお付き合いの多いサラリーマンの間で評判良く、売れているみたいです。

 

自然のしじみ100%から40種類以上の栄養成分を摂ることができます。化学合成ではなく、素材の品質や安全性にこだわっている点も人気がある理由のようです。

 

お酒が抜けなくて朝スッキリしない方は、しじみ習慣を試してみるとよいかもしれません。

 

↓今だけ、2箱分を無料でプレゼントしています。

 

\しじみのチカラで翌朝もスッキリ!/

 

>>しじみ習慣のプレゼント申込みはこちら